千葉において、病院から葬儀までのながれ

千葉において、葬儀までに行うことを順序立てて考えてみましょう。

近しい人が亡くなると気が動転してしまい、たくさんのことを一度に行なうことになって、冷静に対処できる人の方が少ないものです。

▼こちらもCheck!>>【URL:http://www.resorts-hotels-reservations.com/

臨終という言葉があります。

死、つまり終わりに臨むと書きます。

自宅で眠るように亡くなる方ばかりではないので、多くの人は病院で息を引き取ることになります。

亡くなるまでの入院期間の平均は8か月とも言われています。

そう聞くと最後の時間にはある程度の余裕があるかのような印象を受けますが、実際はそんな風に感じることができる人もまた、限られた人だと言えるかもしれません。

病院で息を引き取られた方は、看護師など病院のスタッフがご遺体を整えます。

多くのケースでは有料のケアで、病院からは清拭費用として請求が来ます。

亡くなった方が生前着ていた洋服や好きだった着物などを着せてあげたいという場合には、この際にお願いするという方法もあります。

その後は霊安室へ安置されます。

葬儀社に依頼してある場合には搬送をお願いします。

依頼をしてある人は少ないので、多くは病院に出入りしている業者が搬送してくれるということになります。

安置先が自宅ならば自宅への移動になります。

千葉など都市部では自宅に安置することが難しいので、葬儀社へ安置先も含めて葬儀の相談をします。

移動先によって、病院で納棺を済ませてしまうこともあります。

役所へ出向き、死亡届けの提出と火葬許可書を受け取ります。

葬儀社が代行してくれるところも多いので、家族が出向く必要がない場合も多いです。

この時点で、通夜と葬儀の参列者にお知らせして、葬儀の準備にかかります。