千葉の葬儀における香典のマナー

Posted on

千葉に限らず、葬儀や通夜、告別式に持参する香典のマナーは、わかりにくいと感じている人も少なくないでしょう。

まず、不祝儀袋の選び方、表書きも宗旨・宗派によって違います。

外袋の裏は上下のかぶせ折りですが、慶事とは逆にかぶせます。

水引は結び切りを選び、のしはつけません。

一般的に仏式の香典の場合、表書きは御霊前、御香典、御仏前と書きます。

神式では御玉串料、御榊料とするのが一般的です。

キリスト教の葬儀の場合は御花料となります。

香典に関しては金額も気になります。

もちろん、お気持ちを包むものというのが建前ですが、地域によってあまり人より少なければ失礼にあたるのが難しいところです。

同じような立場で葬儀に参列される方がいれば、確認しながら準備するのが間違いがないでしょう。

葬儀についての通知を受けた際に、わからないことは質問・確認するのも良いでしょう。

●きちんと確認しないとこんな事も…⇒女子が後悔! 冠婚葬祭での恥エピソード「結婚式に黒タイツ」「葬式のお経で爆笑」|ウーマンエキサイト

また、千葉でも近年増えている密葬や家族葬などでお香典をそもそも辞退しているというケースでは、無理にお渡ししてしまうとかえって葬家の負担を増やしてしまうこともあります。

家族葬では香典を集めないので、香典返しに関する予算をそもそも取っていないことが多いです。

そこで香典をムリに渡してしまうと、香典返しの負担をかけてしまいます。

お別れに出かけたいという気持ちで葬儀に参列するのは素晴らしいですが、葬家の方で葬儀に参列することを歓迎しているのか、香典に関してはどのような考えなのか、きちんと確認してから動くのがベストでしょう。