千葉での葬儀へ出かける服装

Posted on

千葉の葬儀会場へはどのような服装で出向くのがふさわしいのでしょうか。

男性の場合、一般参列者はダークスーツに黒いネクタイということになります。

黒い靴下も必要でしょう。

仕事先には急な葬儀の知らせに対応できるように、こうしたネクタイや靴下を一組準備しているという人も少なくないでしょう。

クツはプレーンな黒のビジネスシューズであれば問題はないでしょう。

カジュアルシューズやデザインシューズは避けます。

時計なども会場の近くで外すようにして、携帯電話、スマートフォンなどはマナーモードにしておきましょう。

女性の場合は黒無地のワンピース、スーツ、アンサンブルといったものを準備しておきましょう。

スカート丈は膝丈程度であまり短いものは選びません。

冬場は黒のタイツを合わせることもできます。

黒いストッキングを準備しましょう。

クツは光沢のないもの、サンダルやミュールのようなつっかけるものではなく、パンプスタイプのものを選びます。

バッグも黒無地にします。

アクセサリーはゴールドなどは外します。

パールは千葉に限らず、葬儀の際に身に着けることが多いジュエリーでしょう。

一連のシンプルなもの、小粒のものがあると便利です。

ブラックパールも可ですが、大振りのファッションジュエリーはふさわしくありません。

メイクはシンプルに。

派手なネイルなどは外していきます。

お焼香など手元を見られることも多いです。

髪の毛はまとめていくといいでしょう。

ハンカチもシンプルで単色、それも派手な色のものは避けて白や黒、薄いパステルのものなどを持ちます。

派手が柄物は目立ちますが、刺繍などはOKです。

冬場は革もののコートや手袋、マフラーなどを持ち込まないようにしましょう。

仏式では殺生、死を連想するとして失礼にあたります。

※参照ページ→《URL:http://top.tsite.jp/news/lifetrend/o/25894975/