千葉の葬儀における香典のマナー

Posted on

千葉に限らず、葬儀や通夜、告別式に持参する香典のマナーは、わかりにくいと感じている人も少なくないでしょう。

まず、不祝儀袋の選び方、表書きも宗旨・宗派によって違います。

外袋の裏は上下のかぶせ折りですが、慶事とは逆にかぶせます。

水引は結び切りを選び、のしはつけません。

一般的に仏式の香典の場合、表書きは御霊前、御香典、御仏前と書きます。

神式では御玉串料、御榊料とするのが一般的です。

キリスト教の葬儀の場合は御花料となります。

香典に関しては金額も気になります。

もちろん、お気持ちを包むものというのが建前ですが、地域によってあまり人より少なければ失礼にあたるのが難しいところです。

同じような立場で葬儀に参列される方がいれば、確認しながら準備するのが間違いがないでしょう。

葬儀についての通知を受けた際に、わからないことは質問・確認するのも良いでしょう。

●きちんと確認しないとこんな事も…⇒女子が後悔! 冠婚葬祭での恥エピソード「結婚式に黒タイツ」「葬式のお経で爆笑」|ウーマンエキサイト

また、千葉でも近年増えている密葬や家族葬などでお香典をそもそも辞退しているというケースでは、無理にお渡ししてしまうとかえって葬家の負担を増やしてしまうこともあります。

家族葬では香典を集めないので、香典返しに関する予算をそもそも取っていないことが多いです。

そこで香典をムリに渡してしまうと、香典返しの負担をかけてしまいます。

お別れに出かけたいという気持ちで葬儀に参列するのは素晴らしいですが、葬家の方で葬儀に参列することを歓迎しているのか、香典に関してはどのような考えなのか、きちんと確認してから動くのがベストでしょう。


千葉での葬儀へ出かける服装

Posted on

千葉の葬儀会場へはどのような服装で出向くのがふさわしいのでしょうか。

男性の場合、一般参列者はダークスーツに黒いネクタイということになります。

黒い靴下も必要でしょう。

仕事先には急な葬儀の知らせに対応できるように、こうしたネクタイや靴下を一組準備しているという人も少なくないでしょう。

クツはプレーンな黒のビジネスシューズであれば問題はないでしょう。

カジュアルシューズやデザインシューズは避けます。

時計なども会場の近くで外すようにして、携帯電話、スマートフォンなどはマナーモードにしておきましょう。

女性の場合は黒無地のワンピース、スーツ、アンサンブルといったものを準備しておきましょう。

スカート丈は膝丈程度であまり短いものは選びません。

冬場は黒のタイツを合わせることもできます。

黒いストッキングを準備しましょう。

クツは光沢のないもの、サンダルやミュールのようなつっかけるものではなく、パンプスタイプのものを選びます。

バッグも黒無地にします。

アクセサリーはゴールドなどは外します。

パールは千葉に限らず、葬儀の際に身に着けることが多いジュエリーでしょう。

一連のシンプルなもの、小粒のものがあると便利です。

ブラックパールも可ですが、大振りのファッションジュエリーはふさわしくありません。

メイクはシンプルに。

派手なネイルなどは外していきます。

お焼香など手元を見られることも多いです。

髪の毛はまとめていくといいでしょう。

ハンカチもシンプルで単色、それも派手な色のものは避けて白や黒、薄いパステルのものなどを持ちます。

派手が柄物は目立ちますが、刺繍などはOKです。

冬場は革もののコートや手袋、マフラーなどを持ち込まないようにしましょう。

仏式では殺生、死を連想するとして失礼にあたります。

※参照ページ→《URL:http://top.tsite.jp/news/lifetrend/o/25894975/


お焼香、玉串奉奠、献花のマナー

Posted on

千葉の葬儀会場でお焼香をする際、同じ仏式葬儀でも作法が違うので戸惑います。

焼香台があればその前まで行って一礼し、親指、人差し指、中指だけでお香をつまみ、のせるように置きます。

位牌に合掌礼拝して元の席に戻ります。

作法で困ったら、前の人の作法をまねるようにすると、あわてずに済みます。

宗派によって焼香を行う回数がまず違います。

日蓮宗、浄土宗、真言宗は三回、浄土真宗本願寺派は一回、真宗は二回で香をいただかない、臨済宗、曹洞宗、天台宗は焼香の回数にはこだわらないなどとも言われます。

千葉では多数の参列者が訪れる葬儀が多い為会場の都合などもあり、手短に行うという場合には焼香を一回にすることもあります。

場合によっては座ったままで焼香をまわすこともあります。

その場の状況で臨機応変に行えることも大切でしょう。

神式の葬儀では焼香はなく、玉串奉奠が行われます。

玉串は榊の小枝に紙垂をつけたものです。

手渡しの際に、葉先が左側、根本が右側になるようになっているので、葉先の方を少し高くして、左手で下から受け、茎の方は右手で上からつまむように受け取ります。

葉先を向うに、根本が手前になるように右回りに持ち替え、それをぐるっとまわして根元が神前に向く形で玉串案の上にお供えします。

キリスト教の葬儀では花を献花台に捧げます。

花は右にとって献花台の前右回しにして茎の方を祭壇に向けて置くことになります。

それぞれ、前の人の作法を見ながら見よう見まねで行うこともあると思います。

心をこめてお別れができることが大切と考え、失礼のないように行いましょう。


葬儀から火葬、四十九日までのながれ

Posted on

千葉の葬儀会場から斎場へ出棺し、同じエリアの火葬施設で荼毘にふすことになります。

公営斎場の利用では、故人または家族の住所によって利用の際の費用にも違いが出てきます。

無料かそれに近いような費用もあれば、自治体がお隣だと価格が大きく変わるというようなことも出てきますので確認が必要です。

公営斎場では現場の職員は公務員かそれに準ずる立場の方ですので、心づけなどを渡さないようにしましょう。

民間施設の場合には心づけを包むということになります。

金額は千葉のどの地域かによってさまざまです。

こうした細かな予算で不明箇所がある場合には、葬儀社に直接質問をしてかまいません。

火葬を待つ間には精進落としという食事の席を設けます。

忙しい中ですが、集まってくださった親類の方にくつろいでいただけるよう、食事のためのお部屋が準備されます。

精進落としは初七日の法要の際に行なうという方法もあります。

参列者の規模なども考慮して、葬儀社と相談してください。

火葬が終わると収骨になります。

骨壺へ遺骨を納める作業です。

地域性が強いものですが、千葉をはじめ関東エリアでは全てのお骨を納めるのが一般的です。

その後は遺骨と一緒に自宅へ戻ります。

納骨までは遺骨は自宅での安置になります。

納骨を葬儀後にそのまま行うこともあります。

納骨に関しては菩提寺や霊園などでの相談になります。

菩提寺が決まっていない、お墓をどうするのかまだ未定という場合には、四十九日の法要まで時間をかけて決めて行くと良いでしょう。


千葉における通夜、葬儀、告別式までのながれ

Posted on

千葉では葬儀に先駆け、仮通夜、本通夜を行うところもあります。

仮通夜というのは密葬と近い言葉で、親戚などの本人と親しかった周りの家族や友人だけで執り行うお通夜です。

亡くなったという知らせを受けて、親しかった人が集まります。

本通夜は仮通夜に対する言葉で、葬儀の前夜に執り行われます。

本来は通夜というのは親類や近しい人が集まるためのものですが、忙しい現代社会では仕事が終わった夕方から出席できる通夜に参列する方が利便性も高いということから、仕事上のお付き合いのあった方など、全ての方が参列するようになってきました。

仮通夜、本通夜の両方を行うことは少なくなってきていますが、時間が許せばゆっくりとお別れの時間をとると、故人とかかわりのあった人にとっては、参列がしやすくなります。

その後は葬儀、告別式という流れになります。

自宅で葬儀を行うことは千葉などの都市部ではまれです。

斎場、式場などでの葬儀、告別式ということになります。

式場から斎場への移動に関しては、霊柩車とマイクロバスの双方が必要になります。

斎場と式場が一体型の公営斎場などでは、同じ場所で荼毘にふされるので移動をする必要がありません。

通夜、葬儀の準備は各宗旨・宗派だけでなく、地域差が大きいものです。

親戚の中で相談をしたり、菩提寺があるご家庭はお寺と相談したりしながら進めると間違いがありません。

また、近年少子高齢化、核家族化の進む千葉では、小規模な葬儀や密葬、家族葬などを検討するケースも増えています。