お焼香、玉串奉奠、献花のマナー

Posted on

千葉の葬儀会場でお焼香をする際、同じ仏式葬儀でも作法が違うので戸惑います。

焼香台があればその前まで行って一礼し、親指、人差し指、中指だけでお香をつまみ、のせるように置きます。

位牌に合掌礼拝して元の席に戻ります。

作法で困ったら、前の人の作法をまねるようにすると、あわてずに済みます。

宗派によって焼香を行う回数がまず違います。

日蓮宗、浄土宗、真言宗は三回、浄土真宗本願寺派は一回、真宗は二回で香をいただかない、臨済宗、曹洞宗、天台宗は焼香の回数にはこだわらないなどとも言われます。

千葉では多数の参列者が訪れる葬儀が多い為会場の都合などもあり、手短に行うという場合には焼香を一回にすることもあります。

場合によっては座ったままで焼香をまわすこともあります。

その場の状況で臨機応変に行えることも大切でしょう。

神式の葬儀では焼香はなく、玉串奉奠が行われます。

玉串は榊の小枝に紙垂をつけたものです。

手渡しの際に、葉先が左側、根本が右側になるようになっているので、葉先の方を少し高くして、左手で下から受け、茎の方は右手で上からつまむように受け取ります。

葉先を向うに、根本が手前になるように右回りに持ち替え、それをぐるっとまわして根元が神前に向く形で玉串案の上にお供えします。

キリスト教の葬儀では花を献花台に捧げます。

花は右にとって献花台の前右回しにして茎の方を祭壇に向けて置くことになります。

それぞれ、前の人の作法を見ながら見よう見まねで行うこともあると思います。

心をこめてお別れができることが大切と考え、失礼のないように行いましょう。