千葉における通夜、葬儀、告別式までのながれ

Posted on

千葉では葬儀に先駆け、仮通夜、本通夜を行うところもあります。

仮通夜というのは密葬と近い言葉で、親戚などの本人と親しかった周りの家族や友人だけで執り行うお通夜です。

亡くなったという知らせを受けて、親しかった人が集まります。

本通夜は仮通夜に対する言葉で、葬儀の前夜に執り行われます。

本来は通夜というのは親類や近しい人が集まるためのものですが、忙しい現代社会では仕事が終わった夕方から出席できる通夜に参列する方が利便性も高いということから、仕事上のお付き合いのあった方など、全ての方が参列するようになってきました。

仮通夜、本通夜の両方を行うことは少なくなってきていますが、時間が許せばゆっくりとお別れの時間をとると、故人とかかわりのあった人にとっては、参列がしやすくなります。

その後は葬儀、告別式という流れになります。

自宅で葬儀を行うことは千葉などの都市部ではまれです。

斎場、式場などでの葬儀、告別式ということになります。

式場から斎場への移動に関しては、霊柩車とマイクロバスの双方が必要になります。

斎場と式場が一体型の公営斎場などでは、同じ場所で荼毘にふされるので移動をする必要がありません。

通夜、葬儀の準備は各宗旨・宗派だけでなく、地域差が大きいものです。

親戚の中で相談をしたり、菩提寺があるご家庭はお寺と相談したりしながら進めると間違いがありません。

また、近年少子高齢化、核家族化の進む千葉では、小規模な葬儀や密葬、家族葬などを検討するケースも増えています。